PWAとは(Progressive Web Appsとは)

 2019.06.13  LeadPlus

PWAとはProgressive Web Appsの略で、モバイル端末上でWebサイトをスマートフォン向けアプリのように使える仕組みのことです。ダウンロードやインストールの必要はなく、ホーム画面へのアイコン追加やプッシュ通知が可能となり、ユーザーのアクセス数増が期待できます。Webとアプリの両方の良さを兼ね備えた、サイト運営者とユーザー双方にとって、メリットの多いPWAの機能について詳しく説明していきます。

・ホーム画面へのアイコン追加
スマートフォンなどのモバイル端末のホーム画面に、Webサイトに直接アクセスできるアイコンを追加することができます。通常のアプリ同様、アイコンをタッチするだけでWebサイトを開くことができるので、ユーザーにとって大変便利であり、サイトへの訪問回数も増えるでしょう。

・プッシュ通知
従来のWebサイトでは、プッシュ通知は行えませんでした。しかしPWAではプッシュ通知を使い、サイト運営者側からお知らせなどを積極的に送ることができるようになりました。ユーザーがブラウザを閉じているときにも送ることができるので、従来のWebサイトに比べると、ユーザーとの接触回数を増やすことができます。

・キャッシュ利用
PWAではキャッシュを利用することができ、ユーザーが最初のページを読んでいる間に次のページのデータを読み込んでくれます。そのためページの表示スピードが速くなり、ユーザーにとっては他のページに移動する際のストレスがなくなるので、サイトへの滞在時間を延ばす効果も期待できます。また、あらかじめページ情報を読み込むため、オフラインでもサイトの閲覧が可能です。

このようにPWAは、アプリのように使える機能を備えていますが、そのものはWebサイトですので、ユーザーにとってはダウンロードやインストールする手間もかかりません。また誰かとページをシェアしたいときは、URLを送ることができるのもアプリとは異なる便利な点です。それにもかかわらず、見た目はURLバーもなくフルスクリーンモードでの表示となるため、アプリに近い操作性を実現しています。

さらに、サイト運営者側にも大きなメリットがあります。通常のアプリの場合、App Storeなどに登録の際、審査が必要となるため、コストや時間がかかります。一方PWAの場合は、アプリとしての登録等は必要ありません。PWAの機能を装備したWebサイトをリリースするだけなので、コストも時間も節約することができます。またアプリの場合はAndroid向け、iOS向けといったようにそれぞれ開発しなくてはなりません。しかしPWA対応サイトの場合は、個別対応の必要はなく、端末問わず一つのWebサイトで一貫した内容を表示できるのも魅力の一つです。

まだまだ新しい技術であり、iOSではAndroidに比べると一部機能が制限されるなど注意が必要なこともありますが、ユーザーの使いやすさやサイト運営者側のメリットを考えると、今後PWAの導入は増えていくと考えられます。

RELATED ARTICLE関連記事