インサイドセールス

 2019.03.27  LeadPlus

インサイドセールスとは、電話・Eメール・Web会議などのコミュニケーションツールを用いて営業活動を行う、内勤型の営業のことを指す。内勤営業とも表される。

対して、従来の訪問を中心としたface to faceで商談を行う外勤型の営業活動は、フィールドセールス(アウトサイドセールス)と呼ばれる。

インサイドセールスは、国土が広く取引先を訪問するのが難しかったアメリカで生まれたもので、現在ではテクノロジーの進化により活発に行われている。日本では、見込み顧客に対してのアプローチやアポイントメントを取り付ける過程でインサイドセールスが使われ、直接交渉する際にはフィールドセールスへと切り替えられることが多い。

こうすることで、フィールドセールスではより可能性の高い商談を行えるという利点がある。インサイドセールスは効率的なBtoBマーケティングを実現させるだけでなく、リモートで行うことができるため、働き方改革の手段として取り入れる企業が増えている。

RELATED ARTICLE関連記事