MEOとは

 2019.06.13  LeadPlus

MEOとは「Map Engine Optimization」の略で、日本語にすると「地図エンジン最適化」と呼べるものです。地図エンジンとは言っても、地図アプリのみで動くものではありません。一般の検索エンジンを使って「地域名+キーワード」などで調べたときに、自分の店舗や会社を結果画面の中で上位に表示させるための最適化、という意味です。検索エンジンに紐づきますので、MEOは事実上、Googleマップに掲載されたお店の情報が対象となります。

MEOでは、GPSやIPアドレスなどの情報から現在地が取得できれば、特に地名を入れずとも周囲の地域情報が表示されます。例えば渋谷にいる人が「焼き鳥屋」で検索をすれば、焼き鳥に関する情報に加えて、現在地を中心にして距離の近い焼き鳥屋も同じ画面で表示されます。

近年スマートフォンが広く普及したことで、こうしたルートで行動を決める人が増えてきました。これまでは店舗のWebサイトやSNS、分野ごとのポータルサイトに掲載したお店の情報経由で集客を行ってきたものが、検索結果だけで済んでしまうようになったのです。しかもマップ機能がそのままお店に誘導してくれるため、ユーザーにとっては便利です。反面、画面に表示される店舗数が限られるため、その場所争いが激化し、MEOが必須の時代となりました。

実際にMEOを行う場合は、以下のような措置を図ります。

・お店を登録する
Googleマイビジネスにお店の登録を行います。登録は無料でできます。

・正確にお店の情報を登録する
ユーザーはそこへ掲載された情報を元にお店へやってきますので、住所はもちろん、営業時間や定休日、電話番号などは必ず入力し、間違いがないようにしておきます。

・サービス内容を登録する
先ほどの例で言えば、ここに「焼き鳥屋」という単語を登録しておかないと、検索結果に表示させることができません。最低でも、美容院や不動産など、業種は書いておくべきです。

・口コミや外部からのリンクを集める
実際に見た人にとっては第三者の評価も決め手になります。もちろん自作自演は避け、実際にお店へ来た人に投稿をお願いするようにしましょう。

・写真を登録する
お店の写真を登録できます。すでにWebサイトやSNSで使っている写真があれば、それらを流用しても良いでしょう。

このようにして情報を登録したら、ひとまずスタートラインに立ったことになります。ここから更に上位表示を狙うには、日々の改善がポイントです。まず、ユーザーが検索してくる単語がサービス内容に入っているかは極めて重要です。季節の変わり目に写真を変えることや、キャンペーンにあわせて情報を更新することなども欠かせません。MEO対策は無料でできる集客方法であり、地域ビジネスを展開している全ての店舗や企業が取り入れるべきものだと言えるでしょう。

RELATED ARTICLE関連記事