ユーザビリティー

 2019.04.01  LeadPlus

ユーザビリティーとは、一般的には「使いやすさ」「使い勝手の良さ」を指す。

国際規格のISO 9241-11では、「特定の使用状況において、特定の利用者によってある製品が指定された目標を達成するために用いられる際の、有効性、効率性、利用者の満足度の度合い」と定義している。

Webマーケティングで、目的を持ったユーザーがあるWebサイトやソフトウェアなどを利用した際、操作が簡単で、エラーが少なく、目的を達成でき、楽しいと感じ、また使いたいと思うものは、「ユーザビリティーが高い」といえる。
また、サイトの内容のわかりやすさを示すときに「ユーザビリティティー」という言葉を使う場合もある。

ユーザビリティーはWebサイトやソフトウェアの構築・運営する上では特に重要とされ、代表的な評価手法には、ユーザビリティーテスト(ユーザーのサイト使用時の行動を観察すること)やヒューリスティック評価(スペシャリストによる評価結果から、問題点を発見し改善策を提案すること)などがある。

Webサイトに対するユーザビリティーの評価は、コンバージョン率やリピート率、離脱率、滞在時間、そしてサイトに対する印象などに影響し、サイトパフォーマンスの向上において重要な要因となる。

RELATED ARTICLE関連記事