パーミッション マーケティング

 2019.04.01  LeadPlus

パーミッション マーケティングとは、事前に顧客からの承諾を得て、その範囲内で情報の提供や販売・勧誘などのマーケティング活動を行う手法のこと。高いレスポンス率が期待でき、顧客とのコミュニケーション効率も上がる。

パーミッション(Permission)には、許可・許諾の意味がある。1999年に、当時のYahoo!副社長だったセス・ゴーディン氏が提唱した。日本でも、2005年から全面施行された個人情報保護法をきっかけに、高く注目されている。

代表的なものとして、オプトインメールがある。これは、顧客に興味を持っている分野を前もって登録してもらい、さらに分野に関して情報を送ることの承諾を得た上で、ダイレクトメールを配信・送付する。承諾を得る段階でターゲットを絞っているため、効率よく情報を提供できる。また、顧客に

不快感を与えず販売・勧誘が行えるので、前向きな購買に繋げられる。
パーミッション マーケティングは、ただ許可さえ取ればよいというわけでない。顧客が不快感を覚えないように、顧客と随時コミュニケーションを取りながらマーケティングを行う必要がある。

RELATED ARTICLE関連記事