パンダアップデート

 2019.04.01  LeadPlus

パンダアップデートとは、2012年より国内で導入されているGoogleの検索アルゴリズムのアップデートのひとつで、低品質のコンテンツを掲載するWebサイトの評価を下げるもの。もともとは単発で実施される手動のアップデートであったが、現在は通常の検索アルゴリズムの中に組み込まれている。

従来、ページ(インデックス)数が多ければSEO上有利になると考えられていた。ページ数が多いWebサイトは内容が充実しており、ユーザーに役立つ情報が豊富であると判断されやすいためである。しかしそれを悪用して、SEO目的で中身が薄いコンテンツを大量に掲載するWebサイトが現れ始めた。

その結果、低品質なコンテンツを持つWebサイトが検索結果の上位に表示されるようになったため、ユーザーの検索満足度を損なわないようにパンダアップデートが実施されるようになった。
類似のコンテンツを複製したり、他のWebサイトから転載したりすると品質が低いサイトとして評価される可能性がある。

RELATED ARTICLE関連記事