オプトアウト

 2019.03.28  LeadPlus

オプトアウトとは、英語の「opt-out」を語源とする語で、会員への不参加や脱退の意味合いを持つ。ユーザーや顧客の許可なく、宣伝のための広告をメールなどの方法を使って一方的に送ること、あるいは、このような宣伝をユーザー側が受け取り拒否の意思表示をすることを意味する。

また、企業の顧客データベースや名簿、その他の情報媒体に記載されている個人情報を、企業の管理者に連絡をして外してもらうこともオプトアウトに含まれる。

対となる概念には、オプトインが存在し、こちらは事前にユーザーや顧客が宣伝を受け取ることを承服している点で異なる。

平成20年に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」によって、日本ではオプトアウト形式の宣伝メールは禁止された。
そのため現在では、メールなどによって宣伝を行う場合、メールの配信を事前にユーザーに確認し、配信後もユーザーが自由にメールを拒否できるように本文内にオプトアウト(脱退)の方法を記載する必要がある。

RELATED ARTICLE関連記事