One to Oneマーケティング

 2019.03.27  LeadPlus

One to Oneマーケティングとは、顧客ひとりひとりの特性に合わせて個別に行われるマーケティングの手法を指す。この手法は、インターネットの普及に伴い活性化してきている。

従来、企業は多くの人に一般的なダイレクトメールを郵送したりメールマガジンを送信したりしていたが、顧客にとって不必要なものが送られてくることで、かえって顧客離れを起こしていた。
しかし近年、Webサイトの閲覧履歴などから顧客ひとりひとりのニーズ、興味・関心、嗜好などに合わせた広告を表示することが可能になっている。以前に閲覧した商品と同カテゴリーの広告が現れたり、関心のあるサービス広告が表示されたりするのは、Cookieと呼ばれる機能による。

企業によっては顧客の年齢、性別、家族構成、前回来店した日時などをもとに、クーポンアプリを配信するところもある。発信側はカスタマイズされたアプリ配信を実施することで、お勧め商品やサービスの表示を顧客別に効率的に行うことができる。一方、顧客にとってはタイムリーでお得感を抱きやすい個別情報を得られ、利用機会を増やすことにつながる。

RELATED ARTICLE関連記事