WordPress(ワードプレス)とは

 2019.06.19  LeadPlus

WordPressは、CMS(Content Management System)の1つです。HTMLやCSSの知識がなくとも、簡単にウェブサイトやブログを作成することができるソフトウェアです。WordPressはオープンソースにて提供されており、WEBサーバーとデータベースがあれば誰でも利用することができます。また、個人だけではなく多くの企業でも利用されており、そのシェアはCMSでも世界トップとなっています。プログラミング言語にはPHPが使用されており、データベース管理システムはMySQLが用いられています。WordPressにより作成されたコンテンツは、MySQLに保存されます。レイアウトやデザインといった構造的なデータはWordPress上に保存されます。ウェブサーバーからリクエストがあれば、MySQLからコンテンツ内容が送信され、閲覧者に向けてリクエスト結果が表示されます。

WordPressでは、テーマと呼ばれる多数のテンプレートが世界中の開発者により提供されています。ユーザーはそうしたテーマをインストールすることにより、好みに応じてサイトの外観をデザインすることができるのです。また、WordPressではサイトにさまざまな機能を追加する、プラグインの提供も行われています。アクセス解析となるものやスパイウェアを予防するもの、表示速度を上げるものなど、その種類は多岐に亘ります。
ユーザーはこうしたテンプレートやプラグインをインストールすることにより、サイトを自由にカスタマイズすることが可能です。投稿やテーマの変更、プラグインのインストールといった操作は、全て管理画面から行います。また、WordPressでは通常の投稿とは別に、固定ページを設定することも可能です。通常の投稿では新しい記事がサイトのトップに表示され、古い記事は流れていきますが、固定ページとして投稿した記事はトップに表示させ続けることができます。たとえば、固定記事と特定のプラグインを組み合わせ、トップに「お問い合わせフォーム」を作成することができます。

WordPressでは、1つのサイトを複数のユーザーアカウントで編集することができます。この場合は、ユーザーそれぞれに権限を設定することも可能です。全ての操作ができる管理者や、記事の投稿のみに関わる投稿者など、チームの役割ごとに権限を分けることでトラブルを防ぎながらサイトを運営することができます。

WordPressはオープンソースであることから、脆弱性が見つかりやすいという特徴もあります。そのため、ハッキングを防ぐためにもバージョンアップを定期的に行うなどのセキュリティー対策が必要とされます。

RELATED ARTICLE関連記事