UU(ユニークユーザー)とは

 2019.06.19  LeadPlus

UU(ユニークユーザー)とは、特定の期間内でWebサイトに訪れたユーザー数のことです。集計期間内であれば、同一ユーザーが複数回にわたってWebサイトに訪れても1UUとカウントされるため、実際のサイト訪問者数を計測することが可能になります。そのため、Webマーケティングにおいて、UU の数値はWebサイトの人気や興味関心の度合いを計るための指標として用いられます。

UUの集計方法には、IPアドレス・ホスト・Cookieの3種類があり、アクセス解析ツールによって異なります。Googleアナリティクスの場合はCookieで判別しており、Webサイトの訪問者にCookieを発行することによって、重複を避けてユーザーを特定しています。ただし、ユーザー側でCookieの受け入れを拒否した際は、UUとしてカウントされません。また、UUにおける「ユーザー」とは、Webサイトの利用者数ではなく、重複しないブラウザの数を示します。そのため、同一ユーザーが複数の端末を使ってアクセスした場合、UUは増加することになるのです。たとえば、ある人物がパソコンとスマートフォンで閲覧すると、1UUではなく2UUとしてカウントされます。また、ひとつの端末を用いて別の2つのブラウザからそれぞれアクセスしたときも、2UUとなります。したがって、必ずしもUUが正確なWebサイトの訪問者数を示すとは限りません。

UU 以外のアクセス数計測に用いられる指標には、PV(ページビュー)やセッションがあります。 PVはWebサイトに訪れたユーザーの閲覧ページ数の合計を示すため、同一ユーザーが何度もページにアクセスしたり、Webサイト内のほかのページに移動したりするたびに数値が増えます。それに対し、UUはアクセス数や閲覧ページ数に関係なく、期間内に訪れたユーザーの総数を示すものです。たとえば、あるユーザーがひとつの端末、ひとつのブラウザを使って2日間で10ページを閲覧した場合、PV数は10PVとなりますが、UU数は1UUです。
あるWebサイトに訪問したユーザーは、サイト内で複数ページを閲覧することが多いため、基本的にUU数よりPV数のほうが多くなります。
また、あるユーザーが同じWebサイトへ1日に2回アクセスした場合、UU数は1UUですが、セッション数は2セッションとなります。セッションとは、ユーザーがWebサイトに訪問してから離脱するまでの一連の行動のことです。

一般的に、UU数を増やすには、ユーザーにとって良質なコンテンツを定期的に一定量提供することが有益と言われています。 そのため、配信側にはユーザー目線でのコンテンツ作りが求められます。近年は、ユーザーが知りたいと思う情報を盛り込んだ価値あるコンテンツを提供し、ファンを定着させる狙いの「コンテンツマーケティング」を利用する企業が増えています。

RELATED ARTICLE関連記事