リンクファームとは

 2019.07.12  LeadPlus

リンクファームとは、さまざまなサイトから大量に集めた相互リンクのことです。Web上で行われる迷惑行為=スパム行為にあたるリンクの張り方で、Googleにスパム行為と認知された場合、ペナルティを受ける可能性があります。

相互リンクとは、お互いのWebサイトをリンクし合うことを指します。相互リンクは仲のいい運営者同士で行われることがしばしばありますが、中にはSEO対策を見越した相互リンクが存在します。少し前まで、とにかく大量の被リンクを集めるというSEO対策がありました。そのために行われたのが「組織的な相互リンク」です。SEO対策のためだけに被リンクを集める、組織的な相互リンクこそがリンクファームの正体です。リンクファームに登録することによって多くの被リンクを簡単に集めることができます。近年、このSEOのための施策を問題行為として定め、Googleなどの検索エンジンはアルゴリズムの改変を行いました。

2012年のGoogleのアップデートにより、リンクファームはペナルティの対象となりました。検索エンジンはクローラーによって絶えずWebサイト上のさまざまなデータを収集していますが、そうやって蓄積されたデータは、アルゴリズムによってサイトの質や危険性などが判断され、順位づけに役立てられています。そのため、リンクファームを利用したWebサイトと認知された場合は検索結果の順位が下がったり、インデックスから削除されたり、そもそもインデックスがされないといった措置をとられるようになりました。

被リンクは基本的には一方通行で行われるものです。「おすすめだから紹介したい」という動機で設置されたリンクこそが、ネットユーザーにとって価値あるリンクとなるからです。しかし、相互リンクを設置したからといって、即リンクファームとみなされるわけではありません。リンクファームとみなされるのは不自然な相互リンクです。数人と相互リンクしたくらいではリンクファームとみなされる可能性は低いでしょう。

ただし、サイトの前任者からWebサイトを引き継いだといった場合には注意が必要です。前任者がリンクファームに登録している可能性もあります。特に長く続いているWebサイトの場合は要注意です。ペナルティを受けてしまう前に、自分のWebサイトのリンク状況をチェックし、不自然なリンクを見つけた場合はリンク否認ツールなどで速やかに対策をとることが重要です。

RELATED ARTICLE関連記事