内部リンクとは

 2019.06.19  LeadPlus

内部リンクとは、自サイト内の各ページを行き交うリンクのことです。たとえば、ニュースサイトのトップページには新着ニュースが掲載されており、そのタイトルをクリックすると、リンク先にある個別のニュースページへ移動します。自サイト内でこのような動きをするリンクのことを、内部リンクと呼びます。

内部リンクは、検索エンジンで上位表示されるための重要な要素のひとつだと考えられています。 内部リンクに対して、外部サイトから自サイトへのリンクを「外部リンク」といいます。外部リンクは「被リンク」とも呼ばれており、内部リンク同様に検索エンジンで上位表示されるための重要な要素のひとつです。

基本的に外部リンク獲得は他者からの評価によるため、意図的に得るのは難しいといわれています。しかし、内部リンクなら外部リンクとは異なり、サイト管理者の意思で自在にリンクを張り巡らせることが可能です。検索エンジンにおける上位表示の要素となっているため、SEO対策を行うなら、この内部リンクの最適化への着手が推奨されます。

内部リンクには、クローラーの巡回を最適化する効果と、サイト訪問者の滞在時間を向上させる効果の2つが期待できます。

クローラーとは、googleやbingなどの検索エンジンが、ウェブ上のテキストや画像、動画などのあらゆる情報を収集するためのプログラムのことです。クローラーの巡回によって収集された情報が集積されて、巨大なデータベースとなります。クローラーによって収集された情報は、検索エンジンの上位表示に大きな影響を与えます。 内部リンクを施してクローラーの巡回を最適化することは、検索エンジンで上位表示を目指すためのSEO対策になると考えられているのです。

そして、内部リンクの最適化は、サイト訪問者の滞在時間を向上させることにもつながります。検索エンジンを通じたサイト訪問者に対して、そのとき表示しているページに関連する項目を同じページ内で案内することにより、自サイト内の複数のページを閲覧してもらうことが期待できるのです。

サイト訪問者の滞在時間を向上させることは、googleからポジティブな評価を受けて、SEO対策になるといわれています。内部リンクは、サイト訪問者にとって適正なものが常に求められ続けます。サイト更新時には、内部リンクの見直しも合わせて行うようにしましょう。

多くの方はSEO対策と聞くと、外部リンクに注目しがちです。しかし、内部リンクもSEO対策においては重要な意味を持ち、大きな効果も期待できます。内部リンクについても忘れずに最適化を行っておくことが重要です。

RELATED ARTICLE関連記事