アドワーズ(Google Adwords)とは

 2019.07.08  LeadPlus

アドワーズ(Google Adwords)とは、Googleが提供している広告管理・出稿サービスです。2018年7月24日から名称が変わり、現在はGoogle広告と呼ばれています。Google広告を使えば、Googleの検索結果画面に広告を表示することができるだけでなく、YouTubeやアプリなどGoogleが保有する広告ネットワークへ、さまざまな広告を出稿することができます。

使用するにはまず運用を行うアカウントを制作し、掲載したい広告とそれに関連するキーワードを登録します。このときにキーワードだけでなく、掲載する地域を指定したり、広告を複数設定したりすることもできます。その後ユーザーがGoogleを使って指定したキーワードに近いワードで検索をすると、検索結果画面に登録した広告が表示されるという仕組みです。これにより、商品やサービスに関心のあるユーザーに向けて、適切なタイミングで広告を表示することができます。

Google広告は、広告が表示されただけでは料金が発生しません。ユーザーが広告をクリックしたり、動画を視聴したりといった成果が出たときのみ料金がかかる、クリック課金制となっています。そのため低予算で広告運用を始めることができます。また事前に設定した広告単価や予算は、登録後いつでも変更できるので、その都度の経費に合った広告を出稿することが可能です。

取り扱われる広告の種類は、主に検索広告・ディスプレイ広告・動画広告・アプリ広告の4つです。検索広告とは、Googleの検索結果画面の上部に広告としてサイトが表示されるものです。ユーザーによって検索されるキーワードと、指定したキーワードが近いほど、上位に表示されるようになります。ディスプレイ広告とは、サイトの見出しとともに、URLや電話番号などをまとめたテキスト広告や、画像を使って視覚的に伝えるバナー広告などを指します。動画広告とは、YouTubeで広告動画を掲載するものです。広告を表示したいターゲット層を指定できるため、関心を持ちやすいユーザーに向けて動画を表示することができます。またユーザーが30秒未満で動画をスキップした場合は、料金がかかりません。アプリ広告とは、iOSやAndroid端末を持つユーザーに向けて、アプリを宣伝する広告です。アプリストアだけでなく、Google検索やYouTubeなどにも広告を表示できます。このようにGoogle広告では、さまざまな広告手段でユーザーにアプローチができます。利用目的によってどの広告を選ぶかを選び、活用していきましょう。

RELATED ARTICLE関連記事