コンバージョン(CV)とは

 2019.07.08  LeadPlus

コンバージョン(CV)とは、英語Conversionのことで、直訳では変換・転化といった意味です。そこから転じて、ユーザーが良い意味で「変化」することを表す言葉として使われるようになりました。簡単に言えば、Webサイトにおいての目標や、達成したい成果のことを表します。

具体的に何をコンバージョンと捉えるかはWebサイトにより異なります。ECサイトであれば商品の購入、サービスや商品を紹介するサイトではお問い合わせや資料請求、情報提供サイトでは会員登録やメルマガ登録、セミナーの申し込みなどさまざまです。1つのサイトに関して複数のコンバージョンを定めていることも多々あります。例えば、保険会社のサイトでは保険に加入してもらうことが最重要のコンバージョンと言えるでしょう。しかし、無料相談や見積もりの依頼も、その前段階のコンバージョンとして設定できます。

以下の用語は、コンバージョンを考えるうえでぜひ知っておく必要のあるものです。

  • コンバージョン数(CV数):コンバージョンの数を表します。
  • コンバージョン率(CVR):サイトへのアクセス全体に対する、コンバージョンに至った確率です。
  • 1件あたり獲得単価(CPA):1つのコンバージョン獲得のために、どのくらいの費用を要したかを示します。

これらを用いて効果検証をし、コンバージョンの達成を目指して施策を行います。コンバージョンを増やし、しかも効率的に得るようにすることは、マーケティングにおいて達成すべき課題です。
また、コンバージョンは下記のような種類に分かれています。

  • 直接コンバージョン
    広告を見たユーザーがサイトを訪れ、離脱せずにそのままコンバージョンに至ること。また、その数のことを指します。
  • 間接コンバージョン
    アシストコンバージョンとも呼ばれます。サイトに訪れたユーザーが一度離脱し、再度サイトを開いてコンバージョンに至ることを指します。SNSの影響により、近年はこのタイプも増えてきています。
  • ユニークコンバージョン
    ユーザー単位で捉えるコンバージョンのことです。あるユーザーが3つの商品を購入しコンバージョンを達成した場合、通常コンバージョン数は3となりますが、ユーザー単位で考え1とカウントします。会員登録などの1人が何度行っても意味のないものに対して、使用されることが多いです。逆にコンバージョン数をすべて数えるものを、総コンバージョンと言います。
  • クリックスルーコンバージョン(CTC:Click Through Conversion)
    広告をクリックしてコンバージョンに至ったものです。一方、広告は見ただけでクリックせず、その後サイトに訪れてコンバージョンに至ったものをビュースルーコンバージョン(VTC :View Through Conversion)と言います。

このように、コンバージョンを細分化して分析するなら、成果を上げるためにサイトのどのような面を強化すべきかが一層明確になるでしょう。

RELATED ARTICLE関連記事