サジェスト(Googleサジェスト)とは

 2019.07.08  LeadPlus

サジェストとは、検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した際に、ほかのキーワードと関連性の深い語句を自動で表示する機能のことです。例えば、検索窓に「SEO」と入力すると、自動で「SEO とは」や「SEO 意味」など、他のキーワードとの組み合わせが自動で表示されます。そして、これらの検索キーワードと共に表示される語句を「サジェストキーワード」と呼びます。サジェストは関連性の深い語句を抽出する機能の名称であって、Googleでは「オートコンプリート」、Yahoo!では「入力補助機能」など、検索エンジンによって特定の名称がつけられているケースがあります。

このサジェスト機能およびキーワードはSEO対策において特に重要視される要素のひとつです。Googleサジェストに表示されるキーワードは、検索ボリューム(数ヶ月の間に検索された回数)や検索したユーザー数、キーワードについて取り扱うサイト数などの要素によって決定されます。そして、これらの諸要素の中でも特に重要度が高い要因は「検索した人の情報」と「そのキーワードに対するユーザーの関心」です。

まず、「検索した人の情報」は、例えば過去に検索したことのあるキーワードがサジェストされたり、「病院」と検索したときに自動で「大阪市」など自分の住んでいる地域名がサジェストされたりなど、ユーザーの属性がサジェストに影響を与えます。一方、「キーワードに対するユーザーの関心」では、例えば「サジェスト」というキーワードに対して「とは」とサジェストされるのは、「サジェスト とは」と検索する人が多いため、または「サジェスト とは」というキーワードに対応したサイトが一定数存在することがうかがえます。こうした特性を持つため、Googleの提供するキーワードプランナーなどのツールを使用し、サジェストキーワードを調べ、サイトの中で適切に取り扱うことで、サイトの流入数の増加が期待できます。

ランキングの上位を継続的に獲得したとしても検索する人がいなければサイトの流入数は増えませんが、ユーザーの関心が高いキーワードを使用し、サジェストによるSEO対策を行えば、サイトがユーザーの目につく回数を増やすことが期待できます。ただし、検索ボリュームの大きいキーワードほど競合サイトが多く、検索で上位に表示されにくいのも事実です。つまり、ユーザーの関心が適度に高く、かつランキング上位を狙えるサジェストキーワードの選定が重要です。また、サジェストキーワードは検索キーワードのイメージに対する影響力を持ちます。例えば、アイドルの名前を検索したときに、「かわいい」などのキーワードがサジェストされれば良い印象を持ちますし、「スキャンダル」などのキーワードがサジェストされれば悪い印象を抱いてしまうと予想されます。後者のようなネガティブなイメージのキーワードばかりがサジェストキーワードとして並んでしまうことをサジェスト汚染と呼び、ポジティブなキーワードのほうへユーザーの関心を傾かせること、もしくは検索エンジンに削除してもらうなどの方法による対策を行う必要があります。

RELATED ARTICLE関連記事