カスタム404ページとは

 2019.07.08  LeadPlus

通常のインターネット利用では、リンクをクリックすると対象のページに飛ぶことができます。このようにインターネットは、サーバーにアップロードされた情報にアクセスすることで円滑な情報伝達を担っていますが、ページの中にはアップロードした情報を削除する、アドレスやドメインの変更によってリンク先に飛べないなどの問題が生じることがあります。リンク切れやURLの入力ミスなど、アクセスしたページが存在しない場合、「404 Not Found」と画面に表示されます。これを「404ページ」または「404エラー」と呼びます。

しかし、アクセス数や集客を目的とするブログやホームページにとって、こうしたページが存在することは、ユーザー離れを加速させることになりかねません。そこで、活躍するのがカスタム404ページです。

カスタム404ページとは、404ページにトップページやカテゴリページへのリンク、検索窓などを追加することでサイト内の回遊性を改善し、ユーザーの離脱を防止します。具体的には通常の404ページがテキストのみを表示するのに対して、カスタム404ページではテキストに限らず、リンクなども追加することができます。例えば、ページの下部にサイトマップを挿入したり、カテゴリの別のリンクを設置したり、サイト内検索窓を設けたりすることで、ユーザーは探している情報にたどり着きやすくなります。「もしかして○○についてお探しですか?」など、ページに関するサジェスト機能を設置するのも、ユーザビリティを向上させる手段のひとつです。仮に検索エンジンのクローラーが404ページにたどり着いた場合でも、カスタム404ページに内部リンクを設けておくことで、Webサイト内の巡回を続けられるようになります。そのため、SEO対策としてもカスタム404ページは有効だと考えられています。このようにリンクをたどって違うページへアクセスすることができれば、ユーザーがブラウザの「戻る」ボタンや「×」を押す確率が低くなり、Webサイトからの離脱を抑えられます。

また、通常の404ページと違い、カスタム404ページはデザインの設定が可能です。ヘッダー・フッター・サイドバーといった構造のデザインを合わせるなど、ほかのページとカスタム404ページのデザインに統一感を出すと、唐突にエラー画面が表示された際の混乱を避けることができ、ユーザーの不満を軽減できます。ある程度の規模がある企業のコーポレートサイトや大手ニュースサイト、Webマーケティング系のメディアサイトでは、カスタム404ページが用意されていることがほとんどです。

RELATED ARTICLE関連記事