ユーザーインターフェース(UI)

 2019.04.01  LeadPlus

ユーザーインターフェース(UI)とは、コンピューターと利用者であるユーザーが情報のやりとりをする際に使う仕組みや手順、操作方法の総称である。インターフェースという言葉自体に「何かと何かをつなぐ窓口」という意味を当てられることが多い。

これまでは、情報を文字で表示し、キーボードでの入力による操作を必要としたキャラクターユーザーインターフェース(CUI)がメインだったが、MacintoshやWindowsといったOSの登場後は、視覚的・直感的に操作できるグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が主流になっており、スマホやタブレット等で主に使用される。キャラクターユーザーインターフェース(CUI)はコマンドを覚えて使用する必要があるが、複雑な処理を早く行うことが可能なので、現在でも開発者の間で用いられる。

スマートフォンが主流である今日とパソコンが主流であった時代ではUIのデザインも異なるが、これはUIのトレンドは時代とともに変化すると換言できる。操作ミスを減らし、作業効率を上げるためにもUIの設計は重要であると考えられている。

RELATED ARTICLE関連記事