インフォグラフィック

 2019.03.27  LeadPlus

インフォグラフィックとは、複雑なデータや情報を視覚的にわかりやすく表現したもの、またはその手法。

具体的には、アイコン、ピクトグラム、年表、グラフ、チャート、マップといった視覚表現を用いて情報をデザインする。日常生活でもインフォグラフィックを目にする機会は多い。非常階段のサインは良く知られた「非常階段が近くに存在すること」「どの方向にあるか」を1つの絵柄で示したものもインフォグラフィックの1つ。

データをグラフ・図式化するなど統計学や化学分野で用いられることが多いが、最近ではビジネスでの活用も進んでいる。日経新聞、NewsPicksといった大手ニュースメディアでもインフォグラフィックを用いたコンテンツを制作している。背景には、現代人がインターネットの普及により膨大な情報量を手にすることができるようになった反面、それを処理することが難しくなったことがある。難解で理解に時間がかかる情報を短時間に理解したいというニーズに対してインフォグラフィックは効果的な手段となっている。