106_名寄せ

 2019.04.01  LeadPlus

名寄せは、複数のデータベースに分散されている情報の中から、同じ人物や同じ企業を抽出して特定し、固有のIDを付与するなどして、ユーザー情報の統合を行う作業のことを指す。情報の特定には、名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が手がかりとなるほか、企業コードなどであらかじめIDが決まっている場合は、自動で名寄せを行うことも可能になる。

たとえば、企業が合併する場合やサービスを連携させて運用する場合など、名寄せの作業をしないと同社もしくは複数の企業から顧客に同じ案内が届くおそれがある。また、企業の側も顧客の購買活動などを統合的に把握できなくなり、効果的な販売促進戦略を展開できない。社内で部署によって異なるデータベースを運用している場合も同様で、共通のIDでの管理は急務となる。

同姓同名や結婚後の名字変更、電話番号・メールアドレスの変更、複数の連絡先の所有などで正しく名寄せをするのは難しい部分もある。そこで最近では名寄せのための専用ツールや代行サービスも増えている。

RELATED ARTICLE関連記事